すぐわかる!おいしいさかなの見分け方

さかなのおいしい季節が到来しました。スーパーの鮮魚売り場や町の魚屋さんには様々なさかなが所せましと並べられています。種類だけではなく、一尾丸のまま、切り身、冷凍、加工品(一夜干しなど)など売り方も実に多彩です。そんな中でおいしいさかなを選ぶポイントとはどこにあるのでしょう。今回は、日常的に親しみのある一尾丸のまま、切り身のパック詰に焦点をあてて、おいしいさかなの見分け方をわかりやすくご紹介します!

一尾まるごと買う場合は、目、えら、身の弾力に注目!

一尾まるごとのさかなの場合、鮮度を見分けるポイントとして最も知られている部位は目です。濁りがなく黒目がはっきりしている魚は鮮度が良いとされています。反対に目が白く濁っているのは避けたほうが良いでしょう。
次にわかりやすいのはえらです。えら中をのぞいてみてください。くすみのない鮮やかな赤色ほど新鮮なものになります。
また、皮や身に傷がなく、ツヤがあるのも重要なポイントです。また、肛門から汁が出てきていないか?なども選ぶ時の参考になります。

 

切り身はドリップと切り口をチェック!

鮮魚売り場で多く見かけるスタイルが切り身などのパック詰です。すぐに調理でき、必要な量だけが購入できるなど気軽に手に取れるのも魅力ですね。切り身の場合、底に敷いてある吸水シートをチェックしましょう。水や血があまり出ていないほうが新鮮です。
また切り身の切り口の角がたっているものが新鮮とされています。いかやたいなど、身が白いものはできるだけ透明感のあるものを選ぶのもコツです。
パックに付いている表示、ご覧になったことありますか?表示は生のさかなをパック詰めしたものを表す「生」「鮮魚」、冷凍や解凍されたものが「冷凍」「解凍」、そのほかには塩漬けにした「塩蔵」などがあります。以前は「生」「鮮魚」の方が新鮮でおいしいとされていましたが、最近では冷凍技術の進化により、「冷凍」「解凍」も味に遜色はないと言われています。また、かきの場合は「加熱用」と「生食用」の表示がありますが、生食用の方が新鮮なイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?「生食用」と「加熱用」の違いは「滅菌処理をしていない」という処理工程にあり、鮮度には関係がないのです。お鍋やフライの時は「加熱用」を選んでくださいね。

 

おいしいさかなと出会う秘訣は、豊富な鮮魚売り場をみつける!?

新鮮なさかなを一尾まるごと買ってきて、調理する直前におろす。理想的かもしれませんが、三枚おろしや内臓を取り出すなどの下処理が面倒、キッチンが汚れたり生ごみも・・・さかな料理のハードルは高いように思われがちですが、鮮魚売り場や魚屋さんの調理サービスで下処理を気軽にお願いしてみてはいかがでしょうか?
調理サービスには、エラ・ウロコ取りや頭落とし、内臓取り除く、二枚おろしや三枚おろし、冊の刺身スライス、貝の殻むき、イカの皮むき等。お店にもよりますが様々なサービスをお願いできるお店も増えています。新しいレシピを教えてもらえたりなんてこともあるかもしれません。
「さばの味噌煮」を作りたいと思った時は、さばをまるごと一尾購入し、お店の調理サービスを利用して三枚おろしにしてもらえば、自宅に帰ってお鍋で煮るだけで簡単につくれます。
まぐろの柵をお店の調理サービスでスライスしてもらえば、自宅でご飯にのせるだけで簡単「まぐろ丼」の出来あがり。
調理サービスを使うと、さかな料理がめんどくさいなんて思わず、さかな料理のハードルがぐんっと下がりますね!是非おいしいさかな料理をどんどん食べてくださいね。

普段何気なく買っているさかなも、よりおいしいものを選ぶために様々なチェックポイントがあること、お分りいただけたかと思います。おいしいおさかな、たくさん食べてくださいね。

新着コラム

TOPへ