お魚のおせち ~ 一の重・二の重 ~

お魚のおせち
~ 一の重・二の重 ~

おせち料理には、それぞれに由来を持つたくさんのお魚が登場します。
伝統的なおせちメニューと、飽きずに食べ切れるアレンジ・リメイク方法のレシピです。

一の重

重箱の最上段には、縁起物である田作り・黒豆・かずのこの「祝い肴(ざかな)」と、「口取り」と呼ばれる伊達巻きやきんとんなどの甘味を中心に詰めます。

【写真】一の重
  • 写真は「市松」という詰め方です。
    重箱の奥から順に、かまぼこなどの形が安定した料理を詰めていきましょう。

二の重

まん中の段には魚介類を使ったメイン格のお料理と、さっぱりとした酢の物を詰めます。
ちなみに三段重の場合、三の重は煮物になります。

【写真】二の重
  • 写真は「枡形」という詰め方です。
    中心にたこを詰め、次にゆず釜・ぶりを隅に詰め、残りを詰めていきます。
  • 彩りも考え、色の濃い料理が偏らないよう工夫します。

お魚のおせち ~ おせち料理の飾り切り ~

お魚のおせち
~ おせち料理の飾り切り ~

かまぼこ・こんにゃく・にんじんの飾り切りで、おせち料理やおもてなし料理を華やかに彩りましょう。

このコンテンツを覧いただくには、JavaScriptを有効にするか、JavaScript対応のブラウザでご覧下さい。

ムービーを印刷(PDFファイル)

1cm幅のかまぼこに、底から1cmを残して切り込みを入れます。

半月型に切ります。

(2)の切り口から約5mmの位置に上から2/3まで切り込みを入れます。

(3)の切り口からさらに約5mmの位置に、下から2/3まで切り込みを入れます。

上から左右に広げます。

(A)を下から穴にくぐらせます。

完成

TOPへ