たちうおのから揚げ

  • LINE
  • Twitter
  • facebook

衣はサクサク、身はふわふわの、アツアツでも、さめても美味しい 太刀魚のから揚げです。
下味をつけて揚げることで臭みも気にならず香ばしい仕上がりになります。

2人分

  • たちうお300g
  • 片栗粉適量
  • 揚げ油適量
  • レモン適量
  • 大葉適量
  • 【A】
  • しょうゆ大さじ1
  • 大さじ1
  • おろししょうが1/2片

手順

  • 1
    ① 背びれにそって刃先で両側に切り込みを入れます。
  • 2
    ② 尾側の背びれを包丁の刃先でしっかりとおさえ、少しずつ包丁で横に引きながら背びれを骨ごと取りのぞきます。同様に腹骨も取りのぞきます。
  • 3
    ③ 水で洗って水気をふき取り、両側の皮目に5mm間隔の切り目を入れ、5cm幅の筒切りにします。
  • 4
    ④ ジッパー付きの袋に【A】、③を入れてなじませ、冷蔵庫で15分浸け置きします。
  • 5
    ⑤ ④の汁気を軽くとり、両面に片栗粉を薄くつけます。
  • 6
    ⑥ 約170℃の揚げ油で上下を返しながら、約5分揚げます。
  • 7
    ⑦ 器に盛り、レモン・大葉を添えます。
ここがポイント! CHECK!
  • ・えびやさんまなど、いろいろなおさかなでもおいしく召しあがれます。
  • ・皮に切れ目を入れておくことで、揚げる時に空気で皮がふくらまずきれいに揚げることができます。

関連レシピ

TOPへ