ぶりの照り焼き おせち料理

  • LINE
  • Twitter
  • facebook

ぶりは成長に応じて異なる名前で呼ばれるため、出世と出生を運んでくれる縁起の良い魚とされています。
おめでたい席や門出を祝う席などで人気です。おせち料理の「焼きもの」の一品としてどうぞ。

材料(2人分)

  • ぶり(切り身)2切れ
  • サラダ油大さじ1/2
  • 【漬け汁】
  • 大さじ1/2
  • みりん大さじ1
  • しょうゆ大さじ1・1/2

手順

  • 1
    ① 器に酒・みりん・しょうゆを混ぜ合わせて【漬け汁】をつくり、ぶりを約15分間漬けます。
  • 2
    ② フライパンに油をなじませ、強めの中火でぶりの表面をしっかり焼き、フライパンから取り出します。
  • 3
    ③ 残った【漬け汁】をフライパンに入れ、中火で煮立てます。
    煮立ったら、焼いたぶりを戻し入れ、煮詰めながら絡めます。
ここがポイント! CHECK!
  • ・【漬け汁】に漬ける時、上からラップをピッタリはりつけると、魚にしっかり味を染み込ませることが出来ます。
  • ・器に盛り付ける時は、皮が見える側を表にするのがポイント!
  • ・脂が少なめの切り身を使うと、たれの味がよくなじみます。

関連レシピ

TOPへ