• Twitter

お魚の選び方

1尾・切り身・パック詰め

おいしい魚料理は、鮮度のよいお魚選びから。
種類を問わず共通の基本的なチェックポイント・独自の見分け方があるお魚・パックに入ったお魚の食品表示についてご紹介します。

1尾で購入する場合(例:いわし)

あじ
  • ぜいごがくっきりとしてとがっている。
かます
  • ひれが黄色い。
かれい
  • 表面につやがあり、腹側は白く透明感がある。
  • 目がギョロッと出ている。
さんま
  • 背が青く光っている。
  • 肩が張っていて口先が黄色。
  • またはオレンジ色。
たい
  • 目の上が青紫色。
  • 天然ものは背にも青紫の模様が点々とある。
  • 体の表面が赤く鮮やかで、鼻の穴が合計4個に分かれている。
  • 養殖ものは背が焼けて茶色く、鼻の穴が縦に2個つながったような形。
わかさぎ
  • 透明感があり、光っている。
  • 腹の薄皮がしっかりしている。

切り身で購入する場合(例:さわら)

さけ
  • 皮は白とグレーのコントラストがくっきりし、裏返すと骨が身から突き出て見える。
たら
  • ぬめりがあり、血合いは濃いピンク色。身は透明感があるピンク色。
  • 鮮度が落ちると白くなる。
さば
  • 身は赤みがかったピンク色で透明感がある。割れた部分に角があるものがよい。
ぶり
  • 血合いが鮮やかで身に透明感がある。
  • 鮮度が落ちると身が白くにごってくる。
かれい
  • 身は切り口のつやがよく、すじがはっきりしている。ひれはぴんと立っている。
たちうお
  • 表面に傷が少なく、ぬめりがない。
きんめだい
  • 表面につやがあり、身に透明感がある。

パック詰めされた魚を購入する場合

パックの底に敷いてある吸水シートに水や血が出ていないほうが新鮮です。
生食用以外の魚は、名称 原産地 養殖品か 解凍品か 消費期限 保存方法 などが表示されています。

いか・貝類

いかや貝類にも鮮度がよく、料理に合う素材を選ぶポイントがあります。

いか(例:するめいか)

あさり・はまぐり

殻に色つやがあり、全体的に厚みがあるものを選ぶのがコツ。
料理に適したサイズ選びもポイントです。

  あさり はまぐり
大

大きさによって価格が変わるが、味のちがいはほとんどない。

汁物・佃煮・和え物・パスタにおすすめ。

直径7.5cm程度。
焼きはまぐりに使われるサイズ。
殻を使ったグラタンもできる。
中 直径5.5cm程度。
お吸い物をはじめ、何にでも使える。
小 直径4cm程度。
価格も手ごろ。パスタやにゅうめんの具に。

かき

パック詰めされたむき身のかきは、粒がはっきり見えるものを選ぶのがコツです。
殻付きの場合は、厚みがあり、重さを感じられるものを選びましょう。

水揚げしたかきをそのままパックした加熱用に対し、生でも安全に食べられるように殺菌してあるのが生食用。
鮮度に差はないので、加熱して食べるのであれば加熱用のほうがおいしくいただけます。

ほたて

殻付きは生きているものを、むき身はふっくらと厚みがあるものがよいです。
貝柱は鮮度の違いによって生食用と加熱用に分けられます。

あおやぎ
  • 色が濃い。
  • 小柱は身のしまりがよい。
しじみ
  • 殻を固く閉じている。
  • 殻がふっくらと丸い形。
あわび
  • 殻に深さがある。
  • 身は太ってしまりがよい。
バイ貝
  • 殻付きはふたがしまっている。
さざえ
  • ふたをさわると、奥へきゅっと引っ込む。
ムール貝
  • つやがある。
  • 殻に厚みがあり、固く閉じている。

TOPへ