いかの下処理・胴体

  • LINE
  • Twitter
  • facebook

和・洋・中のあらゆる料理で大活躍のいかは内臓を取りのぞく下処理が欠かせません。
輪切りは煮物やフライなどの加熱するお料理に使います。

手順

  • ① 胴の内側に指を入れ、胴とわたがくっついているところを軟骨に沿って外します。
  • ② 軟骨に沿ってめくるように指を入れます。
  • ③ えんぺらと足をつかんでゆっくりとわたを引き抜き、軟骨も引き抜きます。
  • ④ 胴の中を洗い、残っている内臓をきれいに取り出します。
  • ⑤ 胴を輪切りにします。
ここがポイント! CHECK!
  • ・輪切りを使う料理以外は、いかの胴を切り開いてから内臓を取るほうが手早くできます。
    包丁の刃を上に向けて胴の中に差し込み、そのまま上に向かって切り開くとよいでしょう。
TOPへ