ハロウィン料理レシピ

ハロウィンにぴったりな料理でパーティーを一層もりあげよう!
かわいいハロウィン料理や簡単なパーティメニューなどハロウィン料理レシピを集めました。

10月31日はハロウィンです

ハロウィンを盛り上げよう♪

仮装することもきっかけになり、日本でもハロウィンを楽しむ家庭が増えてきました。子供達と一緒にハロウィンパーティを開いて、さらにハロウィンを楽しんでみませんか? 手軽に作れるハロウィンレシピや、ハロウィンパーティを楽しむテクニックをご紹介します。

ハロウィンとは?

ハロウィンの発祥はアイルランドと言われています。アイルランドに住む古代ケルト人は、収穫期の終わりであり、ケルト暦では1年の終わりの日であるこの日にお祭りをしていました。
また、日本のお盆のようにこの日は死者の霊が家族を訪ねてくる日でもあり、いろいろな食べ物や飲み物を用意したと言われています。

ハロウィンには、なぜかぼちゃ?

「アイルランドに住む、鍛冶屋のジャックは、悪魔にいたずらをするのが好きだったせいで、死んでから天国へも地獄へも行けず、火を灯したランタンを持って、ハロウィンの日にさまよい歩く」という伝説があり、ハロウィンを祝うアイルランドの人たちは、このジャックの霊を怖がらせて追い払うため、この時期にとれるかぶをくりぬいてランタンを作り、怖い顔や滑稽な顔を作り、ハロウィンの晩、家の入り口などにおくという習慣がありました。アイルランドにはかぼちゃはなく、大きなかぶで作っていたそうですが、アメリカに広まった時にかぼちゃに変わったと言われています。

ハロウィンの定番料理は

ハロウィンのルーツでもあるアイルランドでは、ハロウィンの日には、「コルキャノン」というマッシュポテトにキャベツを混ぜたものや、「バーンブラック」というスパイスたっぷりのパウンドケーキなどを作って食べます。
アメリカでは、「かぼちゃ」が主役のお料理やスイーツを作るのが定番です。「パンプキンパイ」「パンプキンスープ」「パンプキンプディング」などを作ります。

ハロウィンパーティ料理のコツ

おさかなのソーセージやちくわもパーティ料理に大変身!手間暇かけた料理から、簡単豪華なメニューまで様々なハロウィンパーティ料理のレシピです。

① かぼちゃを使おう

かぼちゃは、ハロウィンには欠かせないもの。かぼちゃを使ったお料理や、ケーキは欠かせません。そこで簡単レシピを一つご紹介します!かぼちゃを電子レンジ加熱してやわらかくし、マッシュして海からサラダフレークを混ぜれば、海からサラダフレークとかぼちゃのサラダが簡単に作れます。

② オレンジ色の食材を使おう

ハロウィンのイメージカラーはオレンジ。かぼちゃの他、えび、かに、サーモン、人参やパプリカピーマンを使ってオレンジ色のお料理を作れば気分が盛り上がります。オレンジを使ったフルーツカルパッチョもパーティメニューを華やかにします。

③ 冷めてもおいしいものを

パーティはゆっくり楽しみたいので、冷めても美味しいものを中心にメニューを考えましょう。また、冷めてもいいメニューなら、前もって作っておくことができるので、準備も楽になります。

④ みんなで楽しめるパーティーレシピ

おさかなのソーセージやちくわもパーティ料理に大変身!手間暇かけた料理から、簡単豪華なメニューまでみんなで盛り上がるハロウィンパーティのレシピです。

⑤ お皿やナプキンでカラフルに

お料理に彩りを加えるのはなかなか大変という場合は、ナプキンなどをオレンジ色にしてカラフルな色をプラスすると華やかになります。紙皿やテーブルクロスなどもカラフルにできるといいですね。

ちょっとひとネタ

「トリック・オア・トリート」とは?

アメリカなどでは、ハロウィンの日に子供達が仮装をして家々を回り、「トリック・オア・トリート(ごちそうをくれないといたずらするぞ)」と言って、お菓子をもらう習慣があります。ハロウィンの日、各家庭ではたくさんのお菓子を用意して子供達を待ちます。
この仮装して回るという習慣から、ハロウィンの日には仮装してパーティを楽しむというのが広まっていったと言われています。その一つが、ニューヨークで1974年に始まったハロウィンの仮装パレードです。

かぼちゃのランタン(ジャック・オ・ランタン)を作ろう

ジャック・オ・ランタンと呼ばれるかぼちゃをくりぬいて作る、かぼちゃのランタンは、ハロウィンの主役の一つです。この季節になると売っている小ぶりのオレンジ色のかぼちゃはペポかぼちゃといい、園芸用品種で食べられません。顔をマジックで書いたり、中をくりぬいて、キャンドルを入れて飾りつけてハロウィンを楽しみます。

TOPへ